読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「正社員であることの意味を考える」の逆は「 正社員じゃなくてもいいような仕事は何か」を考えることだと思う

正社員じゃなくて、作業として振れるものをランサーズやクラウドワークスにふっちゃって

戦略を考えるとか、記事内容を考えるとか

事業そのものを考える時間に当てられるようにできるのが理想で

 

でもランサーズつかいまくるとそこの整理が大変

でもその整理でさえもランサーズでお願いしちゃえばいいんじゃないかなと思う

できないかなそれ

 

ここらへん、ほぼ不労所得を実現してる人がうまそう

不労所得は仕組み化から生まれるので。

 

作業途中にいい方法発見した!ってなったときに時間をかけてもそれを使ったフローを作るか

慣れてる方法でやっちゃうか

 

不労所得マンはあらゆるケースで前者を選択してるんじゃないかなと思う

 

てかランサーズ使えばさ

成果物Aを出す仕事があったとして

それはタスクA,B,Cによって終わるとしたら

 

成果物Aを受注→タスクABCを発注

自分は作業無しで成果物Aを納品

みたいなことができる!!

 

例えば

◯◯についての記事 1記事750円

みたいなのは

 

1.◯◯について詳しく書いているURLをコピペしてね! URL1個10円

2.複数URLをつぎはぎして新しい記事作ってね!マニュアル付き 1個200円

※記事を1から作らなくていいからすごく簡単!

こうすればURL5個使うとして1個250円で記事が作成可能

 

750-250で500円の利益

ここでURLに応じて記事を依頼するタスクでさえ1個50円で発注すれば完全全自動

完全勝利

オッパンカンナムスタイル

 

ランサーズはマジ革命

労働力の転売ができる。やば。

 

記事やアプリなど一つ一つは価値があるが

URLやその継ぎ接ぎ作業はだれでもできる

 

だからこの記事とかアプリみたいな成果物をかんがえて

それをタスクに落とすという技能はランサーズ上では価値があるなと思った。